花粉症の季節になりました。

花粉症は漢方薬で根本から健康状態な体に改善します。
花粉症の季節が近づいてきました。

花粉症に悩む人にとって憂鬱なシーズンがもうすぐ始まります。
国民の4人に1人が花粉症に悩まされているそうです。

しかし 花粉症は誰でもが発症する症状ではありません。

 

まず かかる体質の方は

金の人(肺臓の弱い体質の方です)
土の人(胃腸の弱い体質の方)

何故 気が不足し易い体質だからです。

 

胃腸の強い方

肺臓の強い体質の方は、気が旺盛で余程の事が無い限り

花粉症にかかりにく体質です。

 

花粉症は一生治らない病ではありません。
花粉症は漢方薬でしたら完全に正常な身体の状態に戻す事が出来ます。

 

【花粉症対策】

 

マスクやゴーグルやコート・帽子等の対策
帰宅時に 花粉を払い落とす 洗顔 鼻の洗浄 必要以上に窓を開けない 衣服は毛
織物よりスベスベした化学繊維など花粉が付着しにくい コートや帽子でガード

●晴れた気温の高い日
●雨の上がった翌日

このような日は花粉が飛び込みやすいと注意しましょう。

 

【花粉症が起きる原因】

 

西洋薬の考え方

細菌などから身を守る免疫システムが過剰に働いて起きるアレルギー症状と言われています。
体内で放出されたヒスタミンなどの物質が粘膜などを刺激して「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目の痒み」など辛い症状を招く。
だから体内のヒスタミンを抑える考えです。

 

【漢方薬の考え方】

鼻は肺臓の出入り口。
呼吸器から皮膚までを含みます。
鼻の病気は肺臓を強化する事で改善します。
花粉症は肺臓が弱い方の症状です。

肺臓が弱体化すると→肺臓は水を作れない→火を持つ→
肺臓が熱→鼻が乾燥→粘膜が弱体化→粘膜が過敏に反応→
目が痒い・鼻が痒い花粉やほこりに反応しやすい。

肺臓の弱体化は→気の不足すること→
気が不足すると→くしゃみが止まらない

1. ★鼻の乾燥は:肺臓の乾燥です
2.★鼻水 鼻づまり;肺臓の機能の低下です
肺臓は呼吸機能の他に一部水分を調節する機能を持っています。
(肺臓機能が低下しますと体内の水はうまく流れず停滞してしまいます)
鼻にたまると、そして鼻の中の血管が水でふくらむと鼻づまりです。
ために鼻づまりは小鼻を両方押すと通りがよくなります。

1.鼻水も3種類に分けます。

  • 1、鼻水が濃い黄色;肺が虚熱を持っている
  • 2、粘り気のある鼻水:身体の防御反応として白血球と細菌が戦いそれらの死骸が多く含まれるため
  • 3、薄い色透明な鼻水:体が冷えると鼻水が薄くなります。水の様に薄い鼻水やくしゃみが出ます

2.鼻づまりは:脳の働きを低下させることがあります

酸素がうまく取り入れられず脳が酸欠状態になるため 脳の働きが鈍化する

だから

花粉症を改善すると成績が上がります

■治療法【対象療法】

★抗ヒスタミンや抗アレルギー薬内服

点鼻薬

アレルギーを起こすヒスタミンの作用を抑制するこの作用は肺臓を冷やして乾燥させて気を落とす。
だから表面上は止めて効いてるかのように見えても、肺臓を弱体化。また、胃腸を弱体化。消化吸収力が低下すると気が不足し、ますます悪化の方向に行かせる。
治癒能力を落とす抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤は短期間で治療する場合は良いですが長期連用しない事です。

【抗ヒスタミン抗アレルギー剤長期連用でおきる副作用】

  • 1.抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤は;咽喉が渇く、口が乾く
  • 2.身体が 怠くなる
  • 3.眠気が起きる薬もあります
    (眠気を起こしにくいタイプなども出てきているが車を運転する人は注意が必要)試験勉強時や試験時は服用を避ける
    (頭が回らない)
  • 4.鼻の粘膜が過敏になり抗ヒスタミン剤が効きにくくなる
  • 5.成長期のお子さんは抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の長期の服用は成長がストップします
    肝臓腎臓の機能を低下させる為。また 腎臓や肝臓は造血に関与する為成績が落ちます。
    漢方薬を服用後1週間で身長が急激に伸び成績も上がることから発見しました。
  • 6.他の合併症(肺臓が弱く下記の病気にかかり易い体質を持っているため)
    アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎、胃腸の消化力低下を同時にもっている
★レーザーを使用した手術による治療法

代表的なのがレーザー治療で、レーザーを使って鼻の粘膜を焼いて治療する。
流行開始の1カ月前くらい前に済ませなければならず、費用は数千円程度で入院も必要無い。
ただ効果が何年も続くわけではなく、花粉の飛散が多い時などに完全に症状を防げるわけではない
また鼻の中に違和感を覚えたり、カサブタができたりする事もある点に留意が必要です。

【花粉症の根治療法としては】

★「減感作(げんかんさ)療法」(皮下注射)

花粉症の原因物質である杉などのエキスを薄めたものを2~3年にわたって皮下注射をし、体をならしていく。
最初は週2回の注射から始め、週1回 2週に1回、月に1回と序々に頻度をならす注射なので痛みを伴い、根気も必要。
また「杉に反応が強い人では少量でも腫れてしまって注射できない時もある」

★舌下(ぜっか)減感作療法」

食パンに含ませた花粉エキスを定期的に舌の下に置いて口の粘膜から吸収さける手法で、患者の負担が少ない治療法として注目を集めている。7割で症状軽減

●漢方薬で治療する
上記に2点に比較して漢方薬は臓器を強化させる、栄養与える、余分な熱や湿を取り除く利点があり、改善が格段に早く治療期間が短くてすみます

【根本治療】

★漢方薬で治療する
漢方は鼻だけの症状をみて治療はしません。
体全身の症状が全て影響し合い病気が発病しています。
鼻だけの症状を診て抑えるだけでは、再発を繰り返します。
漢方薬は花粉症を根本的に改善できます。
安心して車を運転できます。
勉強や試験でも眠気が来ません

【症状】

花粉症の方が持っている症状。
下記の症状は花粉症と関係していないと思っていませんか?
この他の症状もございますが代表的な症状

  • ★アレルギー体質、喘息、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎
  • ★鼻水多い、目充血、くしゃみ、目が痒い
  • ★体が怠い、身体が重い
  • ★香りや匂いが分からない
  • ★乾燥して肌が痒い。湿疹やヘルペスが出来やすい
  • ★アレルギー性結膜炎になりやすい
  • ★口呼吸をする(鼻が詰まるため)
  • ★外に出ると夜はもう調子が悪く夜は鼻が詰まって眠れない
  • ★鼻血が止まらない一定量だらだら出る(気の不足)
  • ★胃腸が弱い、食欲がない、便秘

 

上記の症状は肺機能低下が原因です。

肺機能を高める事で同じ底上げ式に改善します。

【改善する理由と方法】

肺臓に火があると;口が乾き冷水を飲みたい→水を飲みすぎて胃腸に水(湿)がたまり顔に湿が上がり→鼻水が出る→鼻に水がたまる為鼻の血管が膨らみ空気の通る道が狭くなり→鼻がつまり口呼吸になる。

★  肺臓に火があると→ 粘膜が乾燥して敏感になる→花粉やほこりや冷気に反応して→鼻水 クシャミ 鼻の痒み 目の痒みや充血発症する

改善方法

肺臓の火を取り除きながら肺臓を潤う

肺臓に火があると熱は気を食べる為→脱力感倦怠感となり食欲低下 消化吸収力が低下する

為大きく気を補う

 

同時に鼻も乾燥するため肺臓を潤わせる→
気が充足すると 水分代謝がよくなり鼻水 鼻づまり顔のむくみ 胃腸の不調が取れる

(胃腸は乾燥して温めることが強化につながります)


オータニ漢方薬局までお気軽にどうぞ

Copyright © 2006-2017株式会社オータニ漢方薬局Allright Reserved.
*当サイトに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。