妊娠・出産・産後のお話

「胎児と母体の為 妊娠中に飲まなければならない 漢方薬が有ります」

 

※木室ミヱ子

妊娠中の胎児と母体を養う漢方薬を服用することで

健康な赤ちゃんを出産する事ができます

妊娠中は腎臓が乾燥し

その乾燥が肝臓までうつるため多くの腎臓障害、

肝臓障害が発生し 胃腸、脾臓が衰え 

結果 

妊娠中の つわり、貧血 口渇、咽喉痛、咳、

腹痛、浮腫、妊娠中毒症、腰痛、

便秘等が起こりやすくなるのです。

 

よって 

妊娠中は 胎児・母体を 養う漢方薬を

服用する事で 寝込む事なく

元気に 仕事を続けながら 出産の日を迎える事ができます。

 

妊娠中に胎児と母体を養う漢方薬を

服用された方々が口を揃えて言われます。

 

妊娠中に母体と胎児を養う漢方薬を服用した

そのような赤ちゃんは大変育てやすい

漢方薬を飲まずに出産した子供とは雲泥の差

育てやすい。お世話をする家族の方達までが

口を揃えるように言われます。

 

癇癪起こさない ぐずらない 

ミルクとおむつを替えるとすぐに寝る

成長が早く キック力 寝がえり力も凄い

病気をしない 

お産をし易い漢方薬です。

この漢方薬は血ができる事で気力もできます為に

出産が安心してできます

 

私の娘は初産で双子でしたが

帝王切開は絶対にイヤという事で

自然分娩でした。

もちろんこれも 

妊娠中に胎児と母体の漢方薬を服用したために

帝王切開でなく 自然分娩になれたと考えています

午後8時~9時頃 陣痛が始まり

朝方の4時半頃に第1子を出産

第1子が出て 疲れ果てて

第2子がいるのを忘れてしまった。

医師から まだいるよ もう一人

産道が締まっちゃうから早く出しなさい

3分後に出しました。

 

妊娠8~9ヶ月ごろになりますと

お腹の皮が張りすぎて痛みが起きる時期となります。

お腹の皮が張りすぎますと子宮頸管が短くなります

 

普段は子宮頸管は4㎝以上ですが 

お腹の皮が張り 2㎝程になりますと

その時が切迫流産の危険があるのです。

 

この漢方薬が凄いのは 切迫流産になりそうな時に

急に服用しても 流産を回避できている事です

 

出産後は

出産と同時に 子宮収縮をし

於血を 取り除き 新血を 生む 漢方薬を 飲なければなりません

?血(古い血 汚れた血)を

取り除かないと新しい血が生まれないと言われています

 

その為 

産後 様々な症状が発生すると考えています。

産後薬を服用しない為に 日本では 産後に、

貧血、便秘、痔、産後の鬱、ボディの・くずれ等で 悩まれる方が多いのです。

漢方の先生は日本に住み 

産後に便秘の人が多いのに驚いた

台湾では妊娠中や産後に漢方薬をふくようするから

産後の便秘は耳にしないねと

言われていました。

 

産後薬を服用しますと、

沢山の 母乳が 出ますので ミルク代が うきますし、

次の お児さんを 元気な 体で 出産する事が できます。

産後に 体調をくずされている方も あらゆるお薬を 取り揃えて おります

元気な母体、元気な 産後を 取り戻せますよ。

台湾では産後はこの産後の漢方薬を服用しながら

1ヶ月間は外出せずにニワトリのスープを飲んで、

静養するそうです。

 

 

 

また 妊娠中の風邪は妊婦さん専用の風邪薬を服用しなければなりません

一般に市販されている

風邪薬 一般用解熱剤等は使用しないでください。

 

たとえ漢方薬(葛根湯 麻黄湯、桂枝湯)といえどもいけません。

 

発汗しすぎて肝臓 腎臓を乾燥させてしまいます。

 

妊娠されていない方でも夏風邪には麻黄湯 桂枝湯 は汗を沢山かく夏には不向きです

冬用の風邪薬なのです。

 

発汗 解熱がすぎますと咳が続いたり喘息をつくってしまいます。

夏に風邪薬を服用しすぎて喘息症状になられて来局される多く方はその様な原因です。

 

妊娠中の風邪薬は大部分を胎児と 母体を 養う漢方製剤を使用し

風邪薬の 成分は少量のみに しなければなりません。


オータニ漢方薬局までお気軽にどうぞ

Copyright © 2006-2021株式会社オータニ漢方薬局Allright Reserved.
*当サイトに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。