Q&A

記事一覧へ戻る
紫根を扱っていますか?

質問

紫根を扱っていますか?

 

回答

紫根は扱いません。
紫根は消炎作用の製剤です。
消炎作用の製剤でしたら,紫根以上に効力の高い製剤が御座いますので扱いません。
テレビで放映されたと言う事で、連日オータニ漢方薬局にも 沢山の問い合わせを頂きます。
肌は 殺菌消炎するだけではシミ・クスミ・シワ・タルミ・敏感肌は改善されません。
明らかに誇大広告です。
紫根に知識が無い故に言える事ではないでしょうか?知識が無いゆえに発言に対しての恐さを知らない。責任が無い。
何にでも効くと言える。
殺菌剤で 肌が復活するというのでしたら ヒアルロンサンやコンドロイチンやコエンザイムQ・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE ・アミノ酸・高齢人参・ローヤルゼリー等・・・
今まで 話題になっている成分は必要でないと言う事でしょう。
シミ・クスミ・シワ・タルミ・敏感肌を改善するには肌に充分な水分と栄養を与える事です。
栄養が与えられ 強くなった肌は自身で毒素を体外に排出します。
肌のくすみの色には緑・赤・黄色・白・茶・黒・紺色等ありますがそれらの色は肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓の機能低下により発生しますので身体のクスミを取り除くにはまず臓器を立て直す事。
高齢でもないのに異常に沢山の深いシワが発生するのは 肺臓に熱のある場合と脾臓に湿がある場合とがございます。
貧血状態ですと肌は薄くなり小じわが沢山発生します。

下記の文章はインターネット上に書かれている紫根の文章です。

「30代から更年期障害になり見た目がおばあさんにそれでも1回5円家で作れる化粧水でお肌が20歳若返った55歳の主婦魔女」(梅田桂子さん 55歳)

魔女は24歳で結婚。美人で優しくて、娘たちにとって自慢の母だったのだが、38歳を過ぎたある日、強烈なめまいと、激しい動悸に襲われる。
さらに、夜は体が熱くなり汗が止まらず眠れない日々が・・・・
そして魔女は医師から「更年期障害」ではないかと・・・告げられる。
ホルモンバランスの崩れからか、顔はやつれ、シミが目立つようになり、まるでオバアさんに。
魔女は自分の姿にショックを受けた・・。
ストレスから髪が抜け食事も口にせず、次第に家にひきこもるようになり情緒不安定もエスカレートしていったある日、魔女は自殺未遂。
娘たちの必死の説得で命をつなぎとめた。
そんなある日、魔女は料理中に火傷を負う、ある薬を塗った数日後・・・・・。
火傷は回復していた。
それは幼い頃、母が塗ってくれていた「紫雲膏(しうんこう)」という塗り薬
そして、紫雲膏がシミの肌にも効くかと、肌に塗ってみたのだが、ベトベトして塗りにくい・・。
良い方法はないかと、紫雲膏について調べてみた。
すると
紫雲膏の原料である生薬の「紫根(しこん)」には、シミやくすみを防ぎ、しわやたるみにも効果があり、一流化粧品メーカーのアンチエイジング用コスメの原料にもなっていた。
そんな「紫根」は簡単に手に入らないと思っていたのだが・・。
意外にも漢方を扱っている薬局で取り扱っているような薬局で取り寄せる事ができたのだ!
早速 魔女は「紫根」を取り寄せオリジナルの紫根化粧水を作ることに!
紫根15グラムを300ccの水に入れ弱火で15分程煮詰める。
(※一か月の分量です)
そして茶漉しでこし冷まして完成!
こうして出来上がったのを朝晩肌に塗っていった。
すると、一か月すぎたある日 シミやしわがあきらかに緩和されていった!
さらにさらに、見た目の自信からか、健康的な精神をとりもどし少しずつ更年期障害のような症状がやわらいでいった。
そして、実際の年齢より20歳も若いむきタマゴのようなつるつる肌に!
※効果には個人差があります。
※肌が弱い方や体質に合わない方はおやめ下さい。
※余った紫根化粧水は冷蔵庫に保管して下さい。
また、保存料が含まれていませんので早めにお使い下さい。
以上がインターネット上で書かれている紫根の文章です。
「紫根」を探されておられる方々は上記の文章を読んだ上での行動でしょうか?

殆どの方が頼まれてと言われるのです。
私ではありません。
母がとか友達がとか 
何が何だかわからないんですけどとにかく「紫根」を買ってきてと言われて探しているんですが 
なかなか無くてと・・・

臓器から立て直さなければシミ・クスミ・シワ・タルミ・敏感肌を改善する事は不可能です。
また 外部から肌を復活させる場合に おいても肌には水分と栄養分・脂肪膜の代わりとなる肌の水分を逃さないフタが必要です。
水と紫根の化粧水だけでは肌の復活は不可能です。

漢方薬を一部の方が走り買いし不足の事態となれば漢方薬を本当に必要としている方に大変な迷惑がかかります。
殺菌剤のみで肌が回復するとか甘い言葉に振り回されていませんか?

 


 

記事一覧へ戻る

オータニ漢方薬局までお気軽にどうぞ

Copyright © 2006-2017株式会社オータニ漢方薬局Allright Reserved.
*当サイトに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。