Q&A

記事一覧へ戻る
同じ漢方なのになぜこれだけ違うのかが不思議でメールをさせて頂きました。

質問

先生お久しぶりです。去年の6月から9月くらいにそちらでお世話になった●●です。病名は剥脱性口唇炎と機械性じんましんです。現在天神の漢方医院にて、 漢方を頂いているのですが、あまり効果がありません。たしか先生は湿を取り除くことと潤いを与えるために加味逍遥四物湯を処方されていたと思うのですがい まの先生は、(原因)胃からの冷え(処方)身体を温めるためのショウガやブシを中心とした23種ぐらいの漢方を煎じる仕方で処方して頂いていたのですが、 あまり効果がなく、ここ2ヶ月は、先生から処方されていた加味逍遥四物湯にショウガとブシをいれたものを処方して頂いています。食生活は温かいものを徹底 しているのですが、舌の色は青いままで、目のクマや唇も変化がありません。以前先生の所に処方されたものを飲んでいると上の唇の左半分は治っていたのです が、不思議なことに先生の所で処方されていた漢方と同じものに変更(こちらの先生は乗り気ではなかったのですが)してもらった上、温かいものの徹底をして いるのにまったく変化がないことです。同じ漢方なのになぜこれだけ違うのかが不思議でメールをさせて頂きました。それと先生の影響で稲盛和夫さんの本を何 冊か読んでみたところとても熱くて面白かったです。ありがとうございました。

 

回答

季節が変われば体が変わります。
漢方薬は春・夏・秋・冬と季節の変化や症状の変化で処方が変わります。
また、その間風邪や疲労ストレスによっても体は変化しますので処方が異なります。その都度病院でも先生が患者さんの身体の変化や季節に合わせて処方されます。
今、貴方が服用されている漢方薬にコメントできる立場ではありません。漢方薬を処方された先生にお尋ねください。

 

 

 

 


 

記事一覧へ戻る

オータニ漢方薬局までお気軽にどうぞ

Copyright © 2006-2017株式会社オータニ漢方薬局Allright Reserved.
*当サイトに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。