Q&A

記事一覧へ戻る
王妃石鹸で日焼け止めも落とす事ができますか?

質問

私は普段、メイクはしないので日焼け止めだけを使用しております。王妃石鹸で日焼け止めも落とす事ができますか?また皮膚が薄い為、皮膚を保護するクリー ムを皮膚科で貰いつけているのですが(化粧水の後にお使い下さいと言われました)潤い化粧水を使った後ではオイルが膜をはってしまうので効果が無くなって しまうのでしょうか?また美容液、化粧水を沢山持っていてそれらも使いたい場合はどの順番で使用したら良いのでしょうか?今は『化粧水⇒皮膚科のクリーム ⇒美容液⇒潤い化粧水⇒クリーム』の順で使っております。本当は潤い化粧水のみで良いのですが他の化粧品も余っているので一緒に使いたいのです。

 

回答

日焼け止めクリームはクレンジングで落としてから伝説の王妃石鹸をお使いください。
伝説の王妃石鹸はクレンジング効果は御座いません。

皮膚が薄い方は貧血を改善しますと、皮膚は厚くなります。
鉄分やビタミンの豊富な食べ物と睡眠が大切です。
午後10時~午前2時の間は必ず睡眠を取って下さい。
この時間に睡眠時間を取ることで皮膚はかなり違いが現れます。

潤い化粧水をお使い下さり有り難うございます。

肌が乾燥していますと、色々な刺激に過敏に反応したり、酷い方の場合、太陽アレルギーや金属アレルギー肌となります。
生理時に湿疹・腫れ・赤味が現れたりと皮膚トラブルが起こりやすくもあります。

皮膚が薄いと言う事は貴方は血が不足していると言う事。
血の不足により、肌が乾燥気味になります。
乾燥肌はトラブル肌とお考え下さい。
その様な過敏肌の時期は、化学製剤の添加物が混入された化粧品は避けて下さい。
特に生理中はトラブルを起こしやすいのです。

弊社の潤い化粧水はトラブル肌用に開発致しました。
化学製剤の添加物は一切使用しておりません。

肌は水分を取り込み、膜を張る事で強い肌を復活させます。

潤い化粧水→皮膚科のクリーム→出来ましたら潤い化粧水を肌が乾燥するたびに使用して下さい。 

肌に先に潤いを与えて肌に柔らかさや弾力をつけて、皮膚科のクリームを塗りますと皮膚は治りが早いと、お客さま方がお教え下さいます。

この潤い化粧水は肌が元氣を取り戻す化粧品です。

トラブル肌の間は化学製剤の添加物を使用した化粧品は避ける事をお勧め致します。
元氣になった肌は化学製剤の添加物を使用した化粧品でもトラブルを起こしにくくなります。

 


 

記事一覧へ戻る

オータニ漢方薬局までお気軽にどうぞ

Copyright © 2006-2017株式会社オータニ漢方薬局Allright Reserved.
*当サイトに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。