Q&A

記事一覧へ戻る
手のひらにいぼが出来、皮膚科で青年性ゆうぜいと診断されました。

質問

いぼについて質問です。中学生のころに、手のひらにいぼが出来、皮膚科で青年性ゆうぜいと診断されました。そのうち自然に治ると言われましたが治らず、は と麦、免疫力を上げる漢方薬、液体窒素で焼くのを何度も試す、など色んなことを試しましたが治らず30年以上経ちます。今は、手のひらだけではなく、手の 甲、膝、足のくるぶしなど無数にあり人前で手を出すのが恥ずかしくて憂鬱です。皮膚科では諦めなさい。と言われました。何か良い方法はないでしょうか?

 

回答

イボは乾燥した肌に発生します。痒い所を掻いたとたんに3~4個イボが出来た等々のお話しをよくお客様からお聞きします。

これまでにも水イボや老人性イボ(脂漏性角化症)が、潤い化粧水AやAモア、角質取りゴマージュ、伝説の王妃石鹸を使用したことで消えましたというお声を頂いて参りました。

性器に発生する尖形(コンジローム)は漢方薬のみで正常な状態に改善しました。

またイボはストレスが原因でも発生します。肝臓・胆嚢からくるといわれています。
貴方の身体に無数にイボが発生し、はと麦や免疫力を上げる漢方薬や液体窒素で治療しても改善しないとの事ですが、一度問診して貴方の身体のどの部分が原因で発症している事なのか掴む必要が御座います。
電話での漢方薬無料相談(15分)が御座いますので、お電話予約して相談される事をお勧め致します。

問診をすることで、どのようにしたら改善できるか答えが出ると思います。

 

 


 

記事一覧へ戻る

オータニ漢方薬局までお気軽にどうぞ

Copyright © 2006-2017株式会社オータニ漢方薬局Allright Reserved.
*当サイトに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。